目覚めた時から疲労感・・・オススメサプリはある?

疲労回復効果が望めるオススメサプリとして、滋養強壮の食材として有名なにんにくが挙げられます。にんにくには「アリシン」という成分が豊富に含まれていますが、この成分は疲労回復に有効なビタミンB1を吸収しやすくする作用があります。ビタミンB1と結合したアリシンは「アリチアミン」に変化して血液中に長く残り、疲労回復の他、疲労に強い身体を維持するにも役立ちます。

さらに殺菌作用や抗菌作用にも優れ、疲れがたまり免疫力の低下した身体を有害物質から守ってくれます。

にんにくサプリの選び方のコツとして、国産にんにくが使われた商品を優先しましょう。安価な中国産にんにくが数多く出回っていますが、国産の方が形が大きく、栄養がぎっしりと詰まっているため、疲労回復には効果的です。衛生面・安全面を考慮する上でも国産を選びたいものです。

臭いが残ってしまうサプリは考え物です。サプリは継続摂取が基本ですが、臭いが気になるのでは仕事や外出もままなりません。無臭のにんにくサプリがオススメです。

にんにくだけでなく、黒酢やすっぽん、卵黄が含まれたサプリだと、効果がさらに高まります。これらには上質なアミノ酸やビタミン群、タンパク質などが含まれており、疲労回復や免疫力向上、新陳代謝の活性化など、身体を若々しく保つのにとても役立ちます。

若い頃であれば夜更かしやハードな仕事をしても、一晩眠ればすぐに疲労が回復するものですが、年齢を重ねるたびにぐっすり眠れたとしても翌日まで疲労感が残ってしまい、日中だるさが感じられたり、集中力が続かないなどの不調があらわれやすくなります。

たとえ若かったとしても疲労が蓄積された状態にあると、肌荒れや便秘など、身体に不調が出ることは割と珍しいことではないため、注意しなければなりません。

身体の不調に限らず、うつ病などの精神的な疾患にかかる可能性が考えられることから、寝ても疲労感が残るようなら早めにサプリメントなどを用いて対処しましょう。

続きを読む

にんにく卵黄は疲れに効かない?間違えないサプリの選び方

にんにく卵黄サプリは、疲れに効果があると注目されていますが、選び方を間違えると効果を実感できない場合があります。

効果的なサプリメントの選び方は、まずにんにくの原産地です。国産のにんにくは、中国産のものと比べると、価格差がかなりあるのですが、粒の大きさや形の良さ、におい、色、味、そして栄養素も異なります。栄養と安全を意識して選ぶなら、国産にんにくを使用しているものを選ぶと良いでしょう。

においがおさえられているかどうかもポイントのひとつです。体内の中ににおいが残ってしまうと、きれいに歯磨きを行なっても口臭を取り除くのが難しい場合があります。そのため、におい対策をしているものを選ぶことをおすすめします。

にんにくと共に、栄養価が高い有効成分が含まれているものもおすすめです。黒酢や鉄分、肝油やノニ、そして卵黄などが含まれているものを選びましょう。にんにく卵黄は両方が含まれているサプリメントとなっているため、正しい飲み方をすると疲れがとれる可能性が高まります。

効かないという方は、摂取する量が少ない、もしくは飲み始めてからの期間が浅いという可能性があります。サプリメントは薬ではないため、即効性は期待できません。少なくとも1ヶ月は継続して飲み続けることが大切です。また、飲む量も、上限を守ることが原則ですが、疲れがひどい時には、1粒から2粒多めに飲むと良いでしょう。

継続することがポイントですので、価格面もサプリメント選びの大切な点になります。高額で高品質だけれど、続けることが難しいという場合には、続けられる価格のものを探しましょう。定期コースなどをもうけているところは、一袋あたりの単価が安くなるシステムをとっているところもあり、おすすめです。

初回はひとふくろのみ購入し、色々比べてみて身体にあうものが見つかったら定期コースを申し込むのもおすすめです。胃腸の弱い方などは、食事の際に摂取するとより効果的です。

続きを読む

卵黄に含まれる栄養素の効果・効能

にんにく卵黄でもにんにくと一緒に使われている卵黄、とても栄養価が高く体にも良い食品です。

卵黄には色々な栄養素や成分が含まれています。成分などによって体にはどのような効果があると考えられるのでしょうか。

まず卵黄にはアラキドン酸が入っています。アラキドン酸は体の中で作られることがないので必須脂肪酸の仲間と考えてください。アラキドン酸は記憶力が良くなる効果があるのです。他にも粘膜も強くなりますし、免疫力が強くなったりする効果があります。

肌の健康を保つ栄養素である、ビオチンなども含まれています。ビオチンという言葉を聞いた事がある人もいるかもしれません。ビタミンHとも言われています。ビオチンは疲労回復効果があったり肌荒れなどにも効果があるのです。また、一部の人には薄毛などにも効果があるともいわれています。

トコフェロールという成分も注目です。トコフェロールはビタミンEの仲間になります。体の酸化を防ぐ役割もあり、肌にも良い成分です。摂取することで免疫力も強くなることが期待できますし、血行も良くなるといわれています。コレステロール対策にも利用できますし、高血圧、糖尿病にも良いといわれているので摂取したい成分です。

また、目が疲れているという人に注目して欲しいのがゼアキサンチンです。目の疲労回復に役立ちます。

実際に今回紹介した効果があるだけではなく、他の成分による健康効果も色々とあります。トータルして多く期待できるものとして免疫力を強くする効果やアンチエイジングにも役立つ可能性が高いです。また女性にとってもうれしい効果もあります。ビタミンB6とビタミンEなどは生理痛に効果があることも期待できるのです。

さすが完全食品といわれるだけあって多くの栄養、成分が含まれていますから健康効果がたくさんあるということがわかります。普段、何気なく摂取している卵ですが健康面、美容面から考えると非常にありがたい食品だったということですこれからも上手に役立てて食べていきたいですね。

続きを読む

卵黄に含まれる栄養素とは?

卵といえばアミノ酸が豊富でプロティンスコアが100あるぐらい「完全食品」とも言われているのです。
卵白は主にたんぱく質が多いのですが、卵黄はさまざまな栄養があります。

 

卵黄は卵の中でひよこになる部分ですからしっかりと栄養があるということなのです。
基本栄養素でも卵白に比べたんぱく質や脂質が多くなります(100g中)

ビタミンもA、B1、B2、ナイアシン(ビタミンB3)、D、E、Kと豊富に含まれています。
特に多く入っている成分としてはビタミンA効力が高く、他にもビタミンDやビタミンKが多く入っているのです。
ビタミンDはカルシウムの吸収が良くなりますし、ビタミンKなどは不足すると骨がもろくなってしまう傾向がありますので摂取しておきたいですね。

 

卵黄に入っている特に注目しておきたいのは「レシチン」という成分です。
レシチンは体にとっては非常に必要な成分になります。
なぜかというと髪や肌はレシチンが関係しているのです。

肌などの細胞は再生するのですがレシチンが必要になります。
肌のダメージがあった時にレシチンを摂取することで早めにダメージをカバーすることができるということになりますね。
肌だけではありません。
爪や髪なども関係していますので女性にとっては摂取しておきたい成分です。
なのでレシチンが足りなくなってしまうと肌の老化が早くなる可能性があるということになります。

 

他にも肌に良いといわれているビタミンEも含まれていますので、スキンケアも兼ねて卵を摂取するようにするのもいいですよね。

また、ちょっと話がずれますがレシチンにはコレステロールを処理してくれる力があります。
なので卵のコレステロールを気にする人もいるとは思いますがレシチンのおかげで1日に2個ぐらい食べても大丈夫といわれているのです。

他にも卵黄にはアセチルコリンという成分があります。
神経伝達物質の元としても使われるので記憶力が良くなったりすることも期待できるので続けて摂取できるようにしたいものですね。

卵黄は栄養豊富で優秀な食品です。
日頃の食事に是非取り入れて食べるようにしてください。

続きを読む

にんにくの効能!がんや生活習慣病にはにんにくだ!

体に良いとされるにんにくですが、実際にどのような効能があるか、ご存知でしょうか。
よくにんにくが使われている商品のCMでは
「にんにくで元気に!」
「スタミナといえばにんにく!」
みたいな感じで宣伝しているのでなんとなくはわかるかもしれませんが、実際には詳しく知らないという人も多いです。

 

にんにくといえば注目しておきたいのが殺菌効果です。
にんにくのきついニオイ、ありますよね。
あのニオイの元はアリシンという成分です。
にんにくを調理する時に切ったり潰したりすることでアリインからアリシンに変化するのです。
このアリシンが天然の抗菌薬とも言われているぐらい、殺菌効果があります。
ある程度、決められた種類にはなりますが、複数種の細菌や真菌に効果があるといわれています。
また、病原となる酵母や食中毒の元となることで有名なサルモネラ菌にも効果を発揮してくれるのです。

なので身近なところで言えば、アリシンのおかげで風邪予防が出来るかもしれない、一緒に食べれば食中毒予防になるかもしれないといった殺菌効果も期待できるのです。

 

これだけではありません。
にんにくの数多くの成分を考えると風邪だけではなく脚気や冷え症、高血圧、糖尿病、気管支喘息などにも活用できます。

また、がん予防にオススメしたい食品の頂点ににんにくが挙げられていますので日頃から食事に取り入れたいですよね。
他にも血流も良くなる効果があるということで動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といった予防にも役立てることが出来る食品です。

 

このようにさまざまな状態に活用できるにんにくですが、やはり昔から病気の治療に使われていたこともあるぐらいです。

血行が良くなって代謝が上がることで体の免疫自体が上がっていく人もいます。
コレステロールが気になる人も数値が下がることが期待できます。
血をサラサラにする効果もありますので危険な病気を予防する事にも役立つということです。

にんにくだけでさまざまな効能があるのは驚きですよね。
普段からにんにくを摂取することによって病気の予防にもつながります。
今はサプリなどもありますので出来る範囲で利用してみて下さい。

続きを読む